長洲産業の最先端太陽光発電PREMIUM BLUEを導入しよう

<長州産業のPREMIUM BLUE>
長洲産業はその名の通り山口県に本社を置く会社です。1980年の設立以来ソーラーシステムの製品を世に出し続け、その蓄積された技術によって現在の太陽光発電に取り組んでいるそうです。その最先端モジュール(ソーラーパネル)がPREMIUM BLUE(プレミアムブルー)です。発電ロスを最小限に抑える「リアエミッタヘテロ接合セル」、送電ロスを最小限に抑える「マルチワイヤ電極」、紫外線を最大限に利用する「波長変換機能」の3つにより発電性能を大きく向上させたとのこと。要は無駄を少なくすることによって発電効率が上昇したという事です。山口県は日照時間が少ない県なので、このような最先端の太陽光発電が必要とされるのでしょう。

<安全・安心>
長洲産業では太陽光発電の開発から製造までを一貫して行えるようになっているので、性能と品質が高い製品を届けることが出来ます。長州産業では3つの長期保証制度を取り入れていて顧客をサポートしています。モジュール出力の25年保証、構成機器15年保証(補償対象機器に製造上の不具合が生じた場合)、施工10年保証(雨漏り保障含む)の3つです。かなりの長期保証を設定しておられることから、自社製品に対して自信を持っておられることが分かります。

<太陽光発電のメリット>
太陽光発電は新しいエネルギーとも呼ばれるもので近年注目を浴びています。初期費用は高いもののメーカーにメンテナンスをしてもらえば20年30年の長期間持つ製品ですし、太陽光を電力に変えるので自然にやさしく、家庭で使用する電力の節電にもなります。また余った電力を販売することも可能となっています。また非常時で停電したとしても安心だといえます