太陽光発電の初期費用で見るべきたった1つのポイント

みなさん、太陽光発電についてどれくらい知ってますか?
最近では一般家庭でも徐々に広まってきている太陽光発電ですが、まだまだよくわからない方がたくさんいると思います。
そこで、今回は家庭で太陽光発電を始める時に必要な初期費用について書こうと思います。

初期費用についてのお話を始めるにあたって知ってもらいたいことがあります。
それは「kW(キロワット)」です。
このkWというものは、わかりやすく言うと太陽光発電の性能を表すものです。
これが後々、大切な要素になるので頭に置いといてくださいね。

それでは、太陽光発電の初期費用のお話に入っていきましょう。

まず、初期費用の内訳を見ていきます。
太陽光発電を始めるためには、材料を用意して工事をしなければなりませんよね。
つまり、内訳は大きく分けて太陽光発電システムの材料費、工事費の二つです。

そして、この二つとさっきの「kW」が関係してきます。
簡単な例を出します。

太陽光発電の業者Aと業者Bがあるとします。
Aで工事の見積もりを取ると、設置費合計が200万円でkWが3.00kWでした。
Bで工事の見積もりを取ると、設置費合計が280万円でkWが4.50kWでした。

どちらの業者がお得だと思いますか?
設置費だけで見ると、Aの方が安く思えますよね。
でも、実際はBの方がお得なんです。
その理由は「kW単価」がBの方が安いからです。
この「kW単価」というのは設置費をkW数で割ったものです。
簡単に言うと、太陽光発電の性能に対しての価格ですね。
言い換えると、一定のkW(性能)に必要な設置費(コスト)ってことです。
同じ性能なら出来るだけ安く済んだ方がいいですよね。
パッと見の設置費ではなく、kW単価が重要になってくるんです。

太陽光発電の初期費用では、見かけの設置費よりもkW単価がかなり重要になってきますので気を付けてくださいね!