シャープの太陽光発電システムは高効率でバリエーション豊富

シャープの太陽光発電システムは他メーカーと比べた場合、中でもBLACKSOLARという太陽光発電パネルは一枚あたりの効率が優れていて、切妻屋根にできるだけパネルを設置した場合1165×990mmの大型20枚、856×990mmの小型4枚で計24枚のパネルを設置することができます。この場合の太陽電池容量は5.02Kwですが、年間推定発電量は5815kw/hとなります。他メーカーの場合、太陽電池容量を5.25Kw分切妻屋根に太陽光発電パネル敷き詰めた場合の容量は当然5.25Kwですが、年間推定発電量は5186kw/hとなっており、シャープの太陽光発電システムが非常に高効率であることがうかがえます。シャープの太陽光発電システムは光を受ける部分をできるだけ大きくとるために電極部分を受光パネル部分の下に収めていることなどが特徴で、送電ロスを防ぐ構造なども多数取り込まれています。また、各パネルの端子ボックス内には樹脂を充填しているため雨水の浸入や結露に強い面も優れています。また、パネルの小型化や斜めにカットされたタイプも用意されており屋根の斜めの部分にも出来るだけ多くのパネルを設置できるようになっており、高い効率をさらに活かせるようになっています。また、その他のシャープならではの魅力としては瓦型に対応したパネルや2メートルの積雪まで耐えられる太陽光発電パネルも用意されており、半世紀に及ぶ家庭用太陽光発電パネルの技術と経験が活かされています。